店舗開業までの流れを知っておこう

店舗開業までの流れを知っておこう

店舗開業のために必要になるのは、そこまで至る流れを知ることです。まず大切なのは自分がどのような店を持ちたいかというコンセプトを明確にしなければいけなく、業種、客層、利用動機、価格帯などを細かく検討しなければいけません。最初が重要になり、コンセプトがぶれると後も狂っていってしまうので、しっかりと考えてイメージを具現化することが大事です。
同時にコンセプトに適した店舗探しを行わなければいけなく、これらは開店の予定日を決めている場合は半年くらい前から始める必要があります。またどうしてもコンセプトに合う物件が見つからない場合、物件にコンセプトを合わせるのも有効な手段です。それゆえ同時進行が求められますので、現実と理想の折り合いを付けつつぶれないようにしていきます。

事業計画と資金調達を考える

次に店舗開業で重要となるのがコンセプトに基づき、投資額や開業した後の収支のシミュレーションを行い、事業計画を立てていきます。これは銀行などで融資を受ける際にも必要な資料となるので、手を抜かず細かく作り上げることが必要です。
事業計画と同時進行で資金調達も必要となり、自己資金だけでは可能となる人は少なく、利息を減らすには家族をはじめとする親類縁者に融資を求めるのがよく、それでも足りない場合は銀行などの金融業者を利用します。注意点としては業者から融資を受けた場合、利息が付くので返済額が上がってしまうことです。それゆえ借り入れた場合は返済も加えてシミュレーションを行わなければいけなく、返済ができなくなれば店を手放さなければいけなくなるので、しっかりと行う必要があります。

開店に向けて動き出していきます

物件は開店2ヵ月前には決めて、店舗の内外に手を加え、メニューの開発や構成、備品の購入、諸官庁届出・手続き、求人とスタッフの教育などを平行して行っていきます。さらに2週間ほど前から販促と宣伝、店によって異なってきますが今後に向けて各種のマニュアルを作り上げて、オープンに備えます。抜けている工程がないかも同時にチェックすると安心です。
こういった流れを経て店舗開業にたどり着きますが、ここまではあくまで準備であり、オープン後もしなければいけないことが山のようにあります。決して簡単ではありませんが、事前のシミュレーションをしっかりと行っておけば成功する可能性が高いです。そして大切なのは開店ではなく営業を続けていくことで、そのためには事前の準備を万全にしておく必要があります。

コメントは受け付けていません。