店舗開業を考えるときに大切なこと

店舗開業を考えるときに大切なこと

店舗開業は独立を目指す人にとって夢の形です。昔から「一国一城の主」という言い方がありましたが、店舗はまさにお城です。お城を構えるのが夢という人は少なくありません。会社勤めの人が脱サラを夢見るときほとんどが店舗開業を目指しています。下手をすると開業しただけで満足してしまう人もいるくらいです。
ですが、お城を構えたならそれを継続して初めて「お城を構えた」ことになります。短期間で廃業してしまってはそのお城は「張りぼて」だったことになってしまいます。お城を「張りぼて」にしないためには日々の努力と工夫が大切ですが、これが優しそうで実は簡単ではありません。店舗を持つということは単に独立するよりも資金が必要になることです。店舗代だけで数百万円かかることもあります。ですから、資金を活用するという面から考えても経営者という資質が必要になります。

店舗の探し方がとても重要です。

身近な店舗と言いますと、すぐに思いつくのはコンビニです。実際、コンビニは始終加盟店を募集しています。しかし、コンビニの独立は完ぺきな独立とは言えない部分があります。店舗は本部が用意することと営業時間や休日などを自分で決めることができないことです。
本当の意味で店舗開業を目指す人は自分で店舗を見つける必要があります。不動産会社の中には店舗を専門にしている会社もありますので、そういったところを利用して根気よく探すことが必要です。普通は不動産会社に「求める物件の要件」を伝えておきますと情報が入ったときに連絡をくれるものです。普段から不動産会社と連絡を密にしておくことが大切です。
店舗で大切なことは周りの環境です。どんなに魅力的な外観にして、魅力的な商品を並べようとお客様に知られなければ開業した意味がないと自覚することが大切です。

店舗は立地条件でほとんどが決まります。

例えば、昔は飲食店は2階は「絶対に成功しない」と言われていました。しかし、今の時代は2階で成功しているお店もあります。ですので「絶対」ということはありませんが、それでもやはり傾向と確率というものはあります。2階で成功している飲食店はチェーン店ですが、チェーン店ゆえの成功と言えます。
普通の人が店舗を構えて開業する際はやはり基本を守ることが大切です。コンビニを例にあげますと、コンビニでも閉店に追い込まれる店があります。コンビニは開業する際の立地条件を熟知していますが、それでも実際に「開業してみないことにはわからない」ということの証明です。
コンビニは本部が資金的に余裕がありますので、失敗してもすぐに移動することができますが、個人が開業するときはそのように簡単に引っ越すことはできません。ですから、立地状況を丁寧に調査し確認してから実行に移すことが大切です。

コメントは受け付けていません。