最初に知っておきたい店舗開業のおおよその流れ

最初に知っておきたい店舗開業のおおよその流れ

これから店舗開業を希望している場合には、おおよその流れを知っておく必要があります。まずは、具体的な店舗開業のイメージを明確にする必要があります。その一つは、どのような事業形態にするかです。お店を開く場合、大きく分けてフランチャイズと個人で行う場合がありますが、どちらを選ぶかでかかるお金も開店してからの方向性もまるで異なります。この二つはよく調べて自分に合った方を選ぶ必要があるでしょう。
飲食店を始める場合には、資格を必要とするものもあります。事前に資格を持っていなくても開業できるかを調べておくべきです。認可と届出を必要とすることもあります。認可は、必要な書類さえ提出すれば必ず申請されるものです。届出は、届出をするだけで完了します。結果を待つ必要がありません。

事業計画書を作成するときに知っておきたいこと

店舗を開く場面で必要になるものの一つに事業計画書があります。事業計画書は堅苦しいイメージがありますが、これを明確にしないことにはお店の方向性が分からず迷走してしまうことになるでしょう。また、借り入れをする時に必要になります。
事業計画書に書き入れる内容は、事業名や開業予定日、今までの経験、取り扱う商品やサービスの内容、資金計画などです。これを制作するうえで大事なことは、常に自分に問いかけることです。なぜこのお店をやりたいのか、商品やサービスの特徴は何か、誰と仕事をしたいか、どのくらいのお客さんが来てほしいのかなどを自分に問いかけることで、少しずつ頭の中が整理されていき、自分のビジョンが明確になっていきます。
事業計画書を作成する中で、予想しにくいのはどのぐらいの売り上げになるかです。目標の数値を決める場合には、経験がないとなかなか明確になりませんが、あとで修正をすればいいので取りあえずの目標数値は明確におくべきです。

開業に必要なお金にはどのように考えるか

事業計画書が作り終われば、お店の方向性が明確になり、おおよその場所や店舗の大きさもイメージが出来上がるはずです。今度は、実際に店舗を探し設備や備品などを購入する段階になります。この時に必要になるのはお金です。独立して開業する場合は1千万円以上かかることが多いです。ただ、すべてを実費で支払うのは難しいでしょう。
そこで、事業に必要なお金を借りることになりますが、民間の金融機関の融資が難しければ、日本政策金融公庫から融資を考えてみましょう。日本政策金融公庫は、公的な金融機関になります。金利が安く融資期間が長いのが特徴です。
ただし、だれに対しても無条件にお金を貸してくれるわけではなく、書類の提出と面談があります。この時に事業計画書の内容を見られます。

コメントは受け付けていません。