店舗開業する場合に最低限必要な知識

店舗開業を目指す場合は、しなければならないことがたくさんありますが、手順を考えて行う必要があります。まず、お店のコンセプトを明確にすることです。
例えば、同じ飲食店であってもラーメン店を開くのかカフェを開くかでは大きく異なります。お店の種類が決まっていれば、次に方向性を決めることが大事です。ラーメン店を開く場合でも、お店の大きさはどれくらいにするのか、場所はどこにするかなどです。
商売をする以上は商品の価格帯を決めることも大事です。安く販売して多くのお客さんを入れるか、それともお客さんを少なくても良いので、値段を高めに設定するかを決めておくべきです。その点がぶれてしまうと、お店の方向性がぼやけてしまい、お客さんも来にくくなる可能性が高く成ります。

ペルソナを決める時は徹底して行う

商売をする時はペルソナが重要です。ペルソナを決めるときには、男性か女性かを明確にします。性別が決まれば、今度は何歳位の男性にするかを決める必要があるでしょう。この時できれば、1人の人物像を思い浮かべた方が良いでしょう。人物像を絞り込んでしまうと、それ以外の人が来ないように思われますが、実際にはそのような事はなく、様々な世代の人が来ますので心配する必要はありません。
このようにペルソナをより細かく設定する理由は、お店の個性を明確にするためです。現代は、昔のように、人口に対してお店が少ないわけではなく、誰でも店を開業することができるため、個性のないお店は生き残ることができません。店舗開業の準備段階で、明確な方向性を決め、絞り込みを行い、そこに投資をしていくことが重要になります。

お金と店舗を借りて設備や備品の準備をする

方向性が明確になれば、店舗を借りる必要があります。すでに開業するために必要な店舗を持っている場合であれば問題ありませんが、多くの場合店舗を借りることになります。店舗借りる前に、人の流れがどのようになっているか調べておきましょう。気にしないとなかなか分かりませんが、どの街においても人が歩く流れがあります。その流れをうまく把握して、場所を決めることが重要です。
お店を借りる場合と、お店に運び込む設備や備品を用意する場合には、お金がかかります。小規模のラーメン屋でも、1000万円位のまとまったお金を必要としますので、その分はしっかりと用意をしておかなければいけません。
自分で用意できない場合は、お金を借りることも考えておきましょう。この時銀行に融資を依頼する人もいますが、基本的に銀行は信用がないとなかなか貸してくれませんので、各地方自治体で行っている融資に申し込みをしてみるのも良いかもしれません。

ディスプレイもできるカウンターはレジ台にもおすすめです。 パーティションのブロッサムシリーズはカントリー調で使い込んだような風合いをお楽しみいただけます。 木製枠のシンプルな大型ミラーをお手頃価格でご提供しております。 ネット什器を使ってさまざまな商品ディスプレイが可能です。 モダンなインテリア調に仕上げたショーケースはケース内証明付きです。 店舗開業をお考えなら什器も揃うストアエキスプレスへ